anomura

すてきな声に、会いにいこう
Illustrated by © 2017 タジマ粒子 / TAJIMA PARTICLE
interview - 日本, 大阪府, 大阪市, アオツキ書房

Introduction
花から花へ、蜜を集める蜜蜂のように。 あれも、これもと、棚から棚へ手が伸びる。 1冊抜き取って、ページをめくり、戻し、また抜き取り……。 目の前に広がる魅惑的な本の海。その1冊1冊に綴じられた世界に溺れる。 ソビエトの絵本、昭和の幻想文学、フランス映画のポスター、妖怪漫画……。 古本屋、それは人から人へ渡り歩いてきた本が漂着する場所。 今回読むのは、そこに魅せられた一人の男の物語。 永遠に広がり続ける本の海を泳ぐ男の、現在進行形の物語。
Interviewee profile
金本武志

1980年、大阪市浪速区日本橋生まれ。日本橋育ち。日本橋在住。
2008年、日本橋に音楽・映画・美術・絵本・サブカルチャー・文芸等のジャンルの本に加え、CD/レコードも取り扱う古本屋、アオツキ書房をオープン。
2014年に西区北堀江に移転。
鳴カズ飛バズのまま今にいたる。
この先どうしていいかわからない。

ひきこもり店主

―開店の経緯を教えていただけますか?もともとネット書店をされていたそうですが……?
(金本さん 以下K)店舗をやるつもりで、その準備をしながら少しやっていましたね。
―そうやって2008年に日本橋でオープンされたんですね。
K そうです。
―なぜ本屋をやろうと思われたんですか?
K 20代前半に大学を辞めて、これからどうしようって時に、特にやりたいこともなかったし、どうやって就職していいかもわからへん。ダウナーな時期やったんで。就職しても続くはずがないと思ったんですよ。
―大学はどのようなところへ?
K 芸術大学です。音楽学科の音楽工学ってとこなんですけど。でもまあ行ってなかったですけどね(笑)なにも勉強はしてないです。
anomura_osaka_interview_aotsuki-02
anomura_osaka_interview_aotsuki-03
―どうして行かなかったんですか?(笑)
K 一浪して推薦入試で合格したのが11月くらいで、入学まで半年くらいあるじゃないですか。多分その間で見事に燃え尽きたんやと思います。新しい生活のスタートに乗り遅れたんじゃないですかね。なんかもうその時は完全に色々バランスを壊しました。
―その状態のまま大学生活に突入してしまったんですね……。
K 辞めた後はずっと家にいてて、唯一外に出て行くのがレコード屋と古本屋やったんですよ。それ以外はどこも出歩かない。まあ今も似たようなもんなんですけど。で、どっちかをやりたいと思ったんですよね。レコード屋か古本屋を。
ほんまに甘い考えなんですけど、そういうお店って隠居してるお爺ちゃんとか世捨て人がやってるイメージがあって、それでなんとかやっていけるかなって。でもその時は現実に店をやろうとは具体的には思ってなくて、なんとなくできたらいいかなぐらいで。
anomura_osaka_interview_aotsuki-04
―実際にお店を開くことになったのはお幾つの時ですか?
K 2008年の1月で、28歳になる年ですね。
―資金はどうされたんですか?
K 貯めたのもあるし、それまでもネット書店で本とかを売ったのもあるし、実家にもだいぶ助けてもらいました。
―「アオツキ」という店名の由来は何ですか?
K なんとなくつけたんですけどね。自分の好きな色と、当時好きやった稲垣足穂(※1)って作家のイメージが月とか星なんで、その2つを組み合わせて。
当時はどこかの言葉、チェコ語とかロシア語の名前をつけるお店がたくさんあって、そんなんも考えたりしたんですけど、そうは言うてもそれを喋れるわけではないんで。自分の中でつっこみが入るというか、やっぱり日本語の方がまだいいかなと。
(※1)稲垣足穂
稲垣足穂(1900~1977)
小説家。大阪生まれ。10代の頃、飛行家を目指すも断念。
「一千一秒物語」「天体嗜好症」「星を売る店」など、初期から天体を題材にした作品を多数発表した。
小説のほかに「A感覚とV感覚」「少年愛の美学」などのエッセイでも知られる。
1969年には「少年愛の美学」で第一回日本文学大賞を受賞。同年から翌年にかけて 『稲垣足穂大全』(全6巻)が現代思潮社より刊行された。
―もしかしてご実家も古本屋さんですか?
K ではないですね。再生紙の原料を集めて卸す会社、かな。町を歩いてるとホームレスのおっちゃんらがリヤカーで段ボールとか集めてるじゃないですか。あれの元締めみたいな。
子どもの頃は住居スペースの下にあの人らが集めてきたもんを保管する倉庫があったんですよ。段ボールや新聞紙のほかに雑誌とか本が無造作に放り込まれてた。だから夜な夜なその倉庫に下りていって、ずっと漁ってました。
―わくわくしますね。
K それと、今なんばパークスがあるとこは昔は大阪球場(※2)っていう野球場で、1階部分にすごくおっきい古書街があったんですよ。色んな店が個別であるんじゃなくて、ひとつのおっきいホールの中にお店がいっぱいあって。そこと実家が古本屋の原体験ですかねえ。
(※2)大阪球場
正式名称は大阪スタヂアム。南海ホークスなどが本拠地として使用。
スタンド下には古本屋街、場外馬券売場、スケート場、カルチャーセンターなど多数のテナントが入っていた。
1998年に解体され、2003年に複合商業施設「なんばパークス」として生まれ変わった。
―子どもの頃から古本に親しまれていたんですね。
K 当時は漫画も全巻バッと捨てられてることがあって、そういうのを持ってきては読んでましたね。今はブックオフとかがあるし、なかなか昔とは違うみたいですけど。
Place info:
アオツキ書房 - anomura.info
アオツキ書房
古本を中心に中古CD/レコードを販売。買取も行う。
喫茶スペースとイベントスペースがあり、ライブやトークイベントも開催。
地下鉄長堀鶴見緑地線 西大橋駅③出口から徒歩約5分。
地下鉄四ツ橋線 四ツ橋駅⑥出口から徒歩約10分。
この場所の記事を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です