anomura

すてきな声に、会いにいこう
Illustrated by © 2017 タジマ粒子 / TAJIMA PARTICLE
interview - 日本, 大阪府, 大阪市, NOON+CAFE

0 twitter 85
-->
Introduction
たとえば。カフカ『審判』の主人公のように、 もし、誰かが「何もわるいことをしなかったのに、ある朝、とつぜん逮捕され」てしまったとしたら。 あるいは。大阪・中崎町のNOONのように、 もし、どこかが「無許可で店内にダンススペースを設け、客にダンスをさせていた」ため、ある夜、とつぜん摘発されてしまったとしたら。 一年間の訴訟を終え「おれが今なしうる唯一のことは、冷静に処理してゆく理性を最後まで保つことだ」とつぶやいたその主人公にならってこう始めてみたい。 ぼくたちが今なしうる唯一のことは、NOONのこれまでとこれからを-元経営者の金光正年さんに-理性を保って聴くことだ、と。
Interviewee profile
金光正年

大阪市生まれ、大阪市育ち。
Paradise, Dynamite, Antenna, DAWN, NOON, NOON + Cafe等を手掛けたプロデューサー/企業家。CLUB NOON元経営者。
現在は、風営法に関するダンス規制法改正運動や、それに伴う運動「Let’s Dance」の中心人物としても活動している。

PARADISE(楽園)からDAWN(夜明け)、そしてNOON(正午)へ

―金光さんがこの業界に関わり始めたときのお話から聞かせてもらえますか?
(金光正年さん 以下K) 80年代後半くらいに、友達同士でPARADISEというクラブを立ち上げようっていう話があって。ちょうど俺が25歳位の時かな。当時、大阪にはディスコしかなかってん。東京にはすでにクラブ的なものがあって、それはピテカントロプス(※1)というところやってんけど、大阪には全くなくって。ディスコやけどクラブ的っていうところもパームス(※2)くらい。FLATt(※3)とかあったところ、大半はなんかキャピキャピして、ナンパするところ。ゴージャスな感じやな。でも世の中はそうじゃなくって。アメリカではヒップホップが成熟してきてる。一方、日本では社交場的なディスコがほとんど。それで友達らと皆で「めちゃダサいよな、俺らでイケてる場所つくろうや」ってなって。西成の北津守にウェアハウス的な倉庫があって、そこの2階で雨宮志龍クン(※4)が天国喫茶っていうパラダイス喫茶っていうのをやっててん。で、ちょうどそこの1階の場所が余ってたから借りて「俺らでクラブやろうや!」って言うて。ヒップホップオンリーのクラブを皆でトンカンってやって電線引いて、クーラー設置して…そんでつくってん(笑)
―今のNOONとか、CLUB DAWNもいわゆるセルフメイド、ご自身たちで立ち上げられたと聞いています。
K そうそう。グラフティアートとかも自分らで描いて。他にも仲間内でブレイクダンスする奴、DJする奴、で、俺が運営する人間。そういうのんでやったんがきっかけ。もう時代やってんな、完全に。クラブが必要な時代に来ててそれを大阪で最初にやったのが俺ら。そういうのんがきっかけでPARADISEの営業をやりだしてんけど、その後しばらくお金も無いから何にもできひんかった。でも、当時もの凄いPARADISEが話題になったから、今度DYNAMITE(※5)っていうクラブができたときに、友達から「そこを仕切る人間がいてない」、「金光っちゃん仕切ってくれ」って言われて。で、結局俺そこ行ってん。ほんだらもう週末でも1000人位入ってたと思うんやけど、役職としてはジェネラルマネージャー内実は運営プラス用心棒的な(笑)土曜日の晩になると、狼藉者をちぎっては投げ、ちぎっては投げしてたわけ(笑)そんなこんな言ってるうちにClub Antenna(※6)の話が来てん。
―僕がクラブへ行き始めたのはAntennaからでしたね。
K  Antennaには1年くらい関わってんけどちょうどその時バブルが弾けたときやって。結局は債権問題で1年で閉店。で、そのあと間を置いてイベントばっかりやっててん。そのAntennaの時に作った会社がADHIP(※7)っていう会社で、今は、Japan Dance Delight(※8)とかっていうダンスコンテストをやってる…
―南船場に事務所がありましたもんね。
K そうそう。で、それをずっとやっててんけど、どうしてもクラブをやりたいわと。それまでは友人と一緒に作っていってたわけ。でも、俺の思い描いてるもんと、友達らが思い描いてるもんとがぶつかるたびに何かちょっとちゃうな、自分がリーダーシップを取って理想とするクラブをやってみたいなって思って。それで、スポンサーを探してやったんが、CLUB DAWN。
―それまでの経験を活かして。
K いや、そん時には一回白紙にしようと。今までの流れをぜんぶ白紙にして1から積み上げていこうと。例えば、お掃除のマニュアルとかも全部。そのマニュアルも、当時のスタッフ達が作っていってん。スタッフってやらされるもんに対しては抵抗するけど、自分らで作ったもんに対しては率先してやっていく。そういうのを積み重ねていったわけ。また、今まではあんまりDJというのを起用せえへんかってんけど、そん時は俺以外の運営スタッフは3人ともDJ。何かこうDJの視点で店作りやりたいなというのがあってん。
―なるほど。他に当時、DAWNでこだわった点、印象深いエピソードなどはありますか?
K あとはフライヤーかな。自分らでDTPっていうのを既にやっててん。当時のデザイン事務所とかがまだ写植とかそんなんやってる時代に俺らはもうパソコンでフライヤーを作ってて。あと、当時のフライヤーってほとんどがDJ名とかの文字だけやってんな。そこで、俺ちょっとした閃きがあってん。ちょうど俺が20歳位の時に影響されたプロモーションビデオがあんねんけど、それがアーティストが歌ってる内容と映像がぜんぜんリンクせえへん。んで、その意図をアーティストがインタビューで聞かれた時に「音楽と歌で表現してるものを何でわざわざくどく、もう1回映像でリンクせなあかんねん。別に違うものをやってもいいやんけ」って言ってて。音楽と映像、違うものをリンクさせて、合わせて、2つ混ぜたらまた新しい表現が生まれるっていう。それがめっちゃ心に残ってて、思い出してん。ROCKのフライヤーって言ったら、まあなんか一般的にドクロとかスタッズ、鋲とかちょっといかついイメージがあんねんな。こう男っぽい、男臭い。何かちゃうなあと思って。違う、じつはロックってファッショナブルで、もっとおしゃれな音楽やんっていうようなイメージ作りのために、女性をモチーフにしたちょっとファッション的な要素を取り入れたフライヤーを作ってみた。本当はあかんかもしれへんけどファッション誌の切り抜きみたいな写真を捜してきて、それを加工して、フライヤーデザインにして。
―サンプリングですね。
K ほんならみるみる内に客が増えてくる。隔週で土曜日にやっててんけど、隔週ごとに客が増えていく。ほんでフライヤーを持って帰りはんねん。2枚、3枚と。で、お客さんに何すんねんって聞いたら「家に貼ってるんです。」って。「これコレクションするから」って。
NOON + CAFE

NOON + CAFE

(※1)ピテカントロプス
原宿にあった日本初のクラブ。音楽と笑いを合体させた「スネークマンショー」の中心スタッフ、桑原茂一が1982年にプロデュース。
(※2)パームス
難波QOO、アメリカ村ビッグステップの設立などに関わった日限萬里子氏が手掛けたディスコ。大阪アメリカ村、四ツ橋筋沿いのビル内で運営され、大阪のディスコの火付け役となった。1977年オープン。
(※3)FLATt
パームスと同じビル内にあったクラブ。Every Wednesday Nightなど多くの有名イベントを企画し、このクラブから巣立っていったDJ,ラッパー,ダンサーも数多い)
(※4)雨宮志龍
ゲネシス、難波QOO等でレジデンツDJを務め、大阪のクラブ黎明期から活躍したハウスDJ。エクスタシーボーイズの名義で多くの楽曲をリリースしている。
(※5)DYNAMITE
のちに京都川端丸太町メトロ等を手掛けたニック山本氏プロデュースのクラブ。JR福島駅の高架下に開かれ関西のクラブシーンの形成に大きな影響を与えた。1988年オープン。
(※6)Club Antenna
アメリカ村にあったテレビ大阪プロデュースのクラブ。その跡地は、現在Grand Caféになっている。1992年オープン。
(※7)ADHIP
ブレイクダンサーとしても有名な、マシーン原田氏を中心とした事務所であり、現在はダンスコンテストなどを中心に、数多くのイベントを手掛けている。
(※8)Japan Dance Delight
日本で最も有名なダンサーの日本一を決めるコンテスト。
インタビュー当日のイベントフライヤー

インタビュー当日のイベントフライヤー

―めっちゃブレイクしてた記憶が。
K こっちも戸惑うくらい。何かがこう、成し得たときの感じを生で見れたっていうのがある。こんな感じになんねんやって。それが、CLUB DAWN時代に至るまでの過程。あとDAWNをオープンしたときに決めてたことがあって。それは必ず10年やろうと思っててん。この店は何があっても10年絶対やろう。どんなトラブルがあっても。なんでかっていうたら、ある雑誌のインタビューで「クラブの寿命は5年位ですね。5年経ったら、また新しいクラブ、また新しいクラブ」っていうことが書いてあって。それは寂しいやろうって。ライブハウスとかはもうその時すでに20年とか30年とかやってるところがあるわけやんか。チキンジョージ(※9)とか。で、そこから生まれたアーティストとか、そういうのが歴史としてあるけど、たった5年の寿命やったらそんなんでけへんやん。その定説を覆すために10年やりたい。で、俺らがここでやる10年の中で、育てたアーティストが大きくなっていったりとかそういう文化になっていってほしいな、と。クラブというものが。
―CLUB DAWNでいうとRap Noodle(※10)みたいな。
K まさにそう。
(※9)チキンジョージ
中央区にある神戸を代表する老舗クラブハウス。ロック、ブルース、ジャズなど様々なジャンルのミュージシャンを輩出。1980年オープン。
(※10)Rap Noodle
90年代初頭、脱線トリオ、ドラムソング、LOVE DRIVE等が中心となり、CLUB DOWNで毎週木曜日に行われていたHIP HOPイベント。飛び入りラッパーを募集するという斬新なアイデアで、平日にも関らず集客もあり、盛り上がっていた。現在活躍する関西のラッパー達も飛び入りラッパーとして活躍していた。
―あのイベントのなかで若いラッパー、飛び入りラッパーを募集してて、それで僕もラップをやり始めましたもん。
K で、そういうのんがあって俺らはそういうクラブを目指そうって。でもちょうど10年くらい経った時に、なんかCLUB DAWN色っていうのができてしまってて。良くも悪くも。いくら新しいことをやっても、DAWNっていうカラーに染まってしまって。それで、俺は10年経ったらスパーンと止めて、そん時、俺42やってんけど「もう俺クラブはええわ」と思ってん。後は若い世代の奴らがやったら良いんちゃうって。でも、DAWNのスタッフに「僕らやっぱりクラブ続けて行きたいです」って頼まれたから、そこで考えて。それやったら、内装も店名も変えてやろうやって。俺関係なしで。これまでのものをいったん終わりにしないと次の新しいものは生まれへんのんちゃうかって。それで作ったんがNOON。
―すごい勇気ですよね。
K うーん。調子に乗ってたんもあるんちゃう?いけるやろって(笑)
―流行ってましたからね。
K あと、オープンの時の苦労を知ってるから。怖いっちゃ怖いねんけど、あれ乗り越えられてんから大概いけるやろうって思って。で、NOONに変えてん。その時には、すでにクラブって付けるのもどうかなって。カテゴライズはみんな膨らめて言うけど、俺らの意識の中ではカテゴリー自体も無くそうっていう感じがあって。だからもうただ単にNOONだけにしようやって。しかもカフェも付けようって。昼間営業できて。最初からカフェありきで計画しててん。それがNOONやねん。まあ俺自体は立ち上げの時点で引退してるから経営にもほとんど首つっこめへんかってんけど。
―元経営者として当時も今でも「ここにはこだわりたい」という点はありますか?
NOON + CAFE

NOON + CAFE

K  俺はお金うんぬんより、人間関係とやっぱり新しいものを発信してるかっていうのがあんな。昔から見た目で、お金優先の人間のように見られることが多かったけど(笑)俺はお金は自分で稼ぐっていうタイプやねん。金は自分で稼ぐ。だから、お金のためにへつらうっていうことはしたくない。だから、クラブ営業せえへんかっても、今のNOON+CAFÉで黒字出す自信があるしDJとかミュージシャンとかにもへこへこしたない。
―そんな金光さん見たこと無いですね。
K イヤやねん。意味無いことは止めたら? って感覚。でも、やっぱりそういうのんがDAWNとかNOONの基礎になってて。金さえ積めばやらしてくれる、とか一切無いと思う。やっぱりちゃんと選んでやらんと。大した儲けはないけど、別にひもじい思いもせえへんっていう。それ位でええと思う。あと、DAWNからずっと守ってきてんのは箱貸しは無し。
―箱の側がセレクトしていく。
K 箱貸しをやると、店の求めてる方向と全然ちゃうことでもお金さえ積めばできるとかってなってまうやろ。それは無しやろって。だから俺らは徹底的にキャッシュバックで、共催っていう形でやんねん。内容が合えへんかったら、うちとちゃうなって断ることもあるし。それとか、自分らそれちょっとちゃうでって修正させたりっていうこともあるし。それが俺らなりのクラブシーンに対する思いであったり、貢献やと思ってる。
金光正年さん

金光正年さん

Place info:
NOON + CAFE
NOON+CAFE
〒530-0015 大阪府大阪市北区中崎西3丁目3−8

1994年 CLUB DAWNとしてOPEN
2004年 NOONとして新生
2012年 風営法の厳密化により摘発

現在はNOON+CAFEとして営業中
この場所の記事を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です