anomura

すてきな声に、会いにいこう
Illustrated by © 2017 タジマ粒子 / TAJIMA PARTICLE

このイベントは終了しました。
1月29日に、レクチャー「モビリティ&テクノロジーで公共空間をつくる ~バルセロナ市都市生態学庁元担当官と語る~」が学芸出版社3階ホールで開催される。「海外で建築を仕事にする2 刊行記念レクチャーVol.2」という位置づけだ。
ゲストは、吉村有司氏。氏はバルセロナで活躍する都市計画が専門の建築家であると同時に、スペインやヨーロッパの名建築や風景を建築家の視点で生き生きと描くことで人気のブログ、「地中海ブログ」の著者でもある。

今回は、阿部大輔氏(都市再生研究者、都市プランナー。龍谷大学政策学部准教授)、福岡孝則氏(ランドスケープ・アーキテクト。Fd Landscape主宰)をホスト役に迎え、スマートシティ、オープンデータの活用で注目を集めるバルセロナの都市デザインを中心にモビリティとテクノロジーから公共空間の可能性について、ディスカッションが行われる予定とのこと。
地中海ブログ」ファン、日頃から海外の建築・都市の動向に興味のある方には必見のイベントとなることは間違いない。

(事前申し込みが必要です。下記URLから申込可能です。)
Event
モビリティ&テクノロジーで公共空間をつくる ~バルセロナ市都市生態学庁元担当官と語る~

Date
2016年1月29日(金)

Time
19:00~21:30

Place

Fee
①聴講 … 1000円 ②聴講+書籍 … 2500円

Book
下記URLから要予約

URL

Place info:
学芸出版社
学芸出版社
〒600-8216 京都府京都市下京区木津屋橋通西洞院東入東塩小路町599−3 学芸出版社ビル

株式会社 学芸出版社は、建築・まちづくりジャンルの情報発信をベースに、人びとの生活向上のための出版活動を続ける、京都に本社を置く出版社。京都駅より徒歩約5分。
この場所のイベントを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です